会社員の株式投資!システムトレード『イザナミ』を使った1日の様子を紹介

会社員の株式投資!システムトレード『イザナミ』を使った1日の様子を紹介システムトレード

この記事では「会社員でもできる株式投資として、システムトレード(シストレ)ツール『イザナミ』を使った1日のトレードの様子」をご紹介します。

会社勤めの投資家は専業投資家に比べて圧倒的に株式投資に使える時間が少ないと思います。

そのため、限られた時間でいかに効率的に株式投資に向き合うかが重要だと思います。

システムトレードは、効率を考えた場合でも非常に優秀な投資スタイルです。

毎日15分~30分程度の簡単お仕事で毎日銘柄確認して発注作業を行っています。

今からシステムトレードをやってみようかなと迷っている方には以下の記事もオススメです。

「株式投資で勝つには『システムトレード』がオススメな理由6選」へ移動

私が使用しているシステムトレードツールは『イザナミで、無料でほとんどの機能を利用できる点も優秀、非常に使い勝手の良いツールです。

是非、無料から始めてみてください。

システムトレードツール『イザナミ』を使った株トレ@兼業の1日を紹介

システムトレードツール『イザナミ』を使った株トレ@兼業の1日を紹介

私の1日のスケジュールを紹介します。

システムトレードツール『イザナミ』を使った株トレ@兼業の1日を紹介
  • 午前6時半
    起床
  • 午前7時半〜午前8時半
    通勤中にニュース/SNS/証券会社ツールで情報収集
  • 午前9時〜18時
    勤務
  • 午後18時半〜午後19時半
    帰宅中にニュース/SNS/証券会社ツールで情報収集
  • 午後20時〜午後22時
    夜食、お風呂、子供の世話等
  • 午後22時〜午前1時
    自由時間(システムトレードツール『イザナミ』を使って翌日分を発注
  • 午前1時
    就寝

通勤往復の2時間と午後22時以降の自由時間が株式投資に使える時間です。

そう考えると、兼業投資家ってのは圧倒的に時間が足りません。

その限られた時間をど使うのか、できれば効率的に使いたいですね。

それでは、イザナミを使ったトレードを時間を計測しながら見ていきましょう!

システムトレード『イザナミ』でのトレード風景

システムトレード『イザナミ』でのトレード風景を紹介

私のゴールデンタイム(自由時間)は子供が寝てから、自分が寝るまでの時間です。

その時間を使って、イザナミで売買する銘柄を確認し、証券会社で発注しています。

システムトレード『イザナミ』起動⇒最新株価ダウンロード(所要時間:1分)

『イザナミ』を起動します。

システムトレードツール『イザナミ』を起動します
システムトレード「イザナミ」を起動

「開始」ボタンをクリックすると、株価データ更新画面が表示されます。

「更新する」ボタンをクリックして、最新データを取得します。

1分程度で最新株価情報を取得することができます。

イザナミでは当日の株価データは19時~21時頃にアップされます。

システムトレードツール『イザナミ』にて最新株価ダウンロード 「開始」ボタン⇒「更新する」をクリック
システムトレードツール『イザナミ』
「開始」ボタン⇒「更新する」をクリック

システムトレードツール『イザナミ』にて売買ルール選択(所要時間:0分)

前回表示していた売買ルールがそのまま表示されます。

そのため、毎日のルーチンワークでは売買ルールを切り替える必要はありません。

売買ルールを切り替える場合は2通りの方法があります。
  1. 左のツリーから売買ルールを変更する
    ※赤枠内から実行したい売買ルールのチェックボックスのOnOffを切り替えます。
  2. 売買ルールのファイルを切り替える
    イザナミでは売買ルールの設定情報をファイルとして保存しておくことが可能です。
    緑枠アイコンをクリックすることで、売買ルールの設定ファイルを瞬時に切り替えることができます。
システムトレードツール『イザナミ』による売買ルール(ストラテジー)の変更方法パターンは2種
システムトレードツール『イザナミ』
赤枠:チェックボックスから売買ルールを変更 緑枠:売買ルールの設定ファイルを変更

今回は「HP売買ルール」戦略を例に紹介してきます。

この売買ルールは誰でも使うことが可能な売買ルールで、以下の記事で「イザナミ無料版のインストール手順と設定方法」を紹介しています。

「システムトレード『イザナミ』無料で始める方法と売買ルール設定手順を解説」へ移動

システムトレードツール『イザナミ』を実行(所要時間:3分)

最新データを取得したら、次は仕掛ける銘柄と手仕舞う銘柄を確認していきます。

システムトレードツール『イザナミ』でバックテスト実行

『イザナミ』を起動したら赤枠アイコンからバックテストを実行します。

今回の「HP売買ルール」は、2000年1月~2022年11月までのバックテストを行います。

PCのスペックや売買ルールの複雑さで実行時間は変わります、結果が1分程度で実行できました。

『イザナミ』は高速で処理することに長けたツールですので、こんなにも早く検証結果を確認することができるんですね。

システムトレードツール『イザナミ』にてバックテスト「実行」ボタンをクリック
バックテスト「実行」ボタンをクリック
※画像をクリックすると拡大します。

システムトレードツール『イザナミ』で最適分散投資を実行

バックテスト終了後、そのまま「最適分散投資」タブをクリックして、「最適分散投資」の検証を行っていきます。

システムトレードツール『イザナミ』にて「最適分散投資」をクリック
システムトレードツール『イザナミ』
「最適分散投資」をクリック
※画像をクリックすると拡大します。

例では資産設定は以下のようになります。

  • 投資資金:500万円のうち最大75%を運用資金とする
  • レバレッジはかけない
  • 1日の最大投入金額は最大500万の75%上限いっぱいまで使用可能とする
  • 1銘柄に掛ける資金は50,000円~175,000円とする

赤枠アイコンを実行して、「最適分散投資」の検証を行います。

2分程度で検証結果が表示されました。

システムトレードツール『イザナミ』にて最適分散投資「実行」ボタンをクリック
システムトレードツール『イザナミ』
最適分散投資「実行」ボタンをクリック
※画像をクリックすると拡大します。

「最適分散投資」の「概要レポート」が表示されます。

売買ルールの取引回数、勝率、利益率など様々な成績が数値として確認できます

システムトレードツール『イザナミ』にて最適分散投資の「概要レポート」
システムトレードツール『イザナミ』
最適分散投資の「概要レポート」
※画像をクリックすると拡大します。

『イザナミ』起動からシグナル抽出まで、おおよそ3分程度で完了しました。

システムトレードツール『イザナミ』で仕掛ける銘柄と手仕舞う銘柄を確認(所要時間:1分)

次に「最終日シグナル」から明日の仕掛け銘柄と手仕舞い銘柄を確認します。

赤枠のプルダウンから分かるように、「仕掛けシグナル」「保有銘柄」「手仕舞いシグナル」を確認することができます。

システムトレードツール『イザナミ』で「仕掛けシグナル」確認

「仕掛けシグナル」を選択し、明日の寄付きで仕掛ける銘柄を確認します。

3667 enishを400株 寄付きで成行買いを行うことを示しています。

システムトレードツール『イザナミ』にて仕掛けシグナルを確認
システムトレードツール『イザナミ』
最終日シグナルから「仕掛けシグナル」を確認
※画像をクリックすると拡大します。

システムトレードツール『イザナミ』で「手仕舞いシグナル」確認

次に「手仕舞いシグナル」を見ていきます。

2022/11/11に仕掛けた8989 マネックスグループ400株

翌日成行に手仕舞うことを示しています。

システムトレードツール『イザナミ』にて手仕舞いシグナルを確認
システムトレードツール『イザナミ』
最終日シグナルから「手仕舞いシグナル」を確認
※画像をクリックすると拡大します。

システムトレードツール『イザナミ』で「保有銘柄」確認

イザナミでは保有中の銘柄も確認することができます。

システムトレードツール『イザナミ』にて保有銘柄を確認
システムトレードツール『イザナミ』
最終日シグナルから「保有銘柄」を確認
※画像をクリックすると拡大します。

証券会社ツールにて発注(所要時間:5分)

イザナミでは基本的には自動発注機能はありません。

そのため、シグナルを確認して自身が契約している証券会社から手動で発注します。

今回の例では、仕掛け銘柄1件、手仕舞い銘柄1件で、5分程度の作業でした

会社員の株式投資!システムトレード『イザナミ』を使った1日の様子を紹介 まとめ

会社員の株式投資!システムトレード『イザナミ』を使った1日の様子を紹介まとめ

いかがでしたでしょうか。

イザナミ』を使ったシステムトレードの様子がイメージできましたでしょうか。

『イザナミ』の機能としては

  • 強力なスクリーニング機能 ⇒ 複雑な条件で銘柄選定
  • 自己資金の範囲で銘柄選定
  • 何株買うのかも算出してくれる

その結果、毎日銘柄探しに時間を費やすこともなく、短時間でどの銘柄をどの程度買えばよいか、どの銘柄を手仕舞えばよいかを教えてくれます。

イザナミ起動⇒売買する銘柄をイザナミで抽出⇒証券会社で発注の3ステップで10分作業

売買ルールさえ用意できれば、短期間でのルーチンワークに消化できることがお分かりいただけたのではないでしょうか。

少しでも『イザナミ』に興味を持っていただけたのなら幸いです。

システムトレードツール『イザナミ』を使ってみたい方は以下の記事も読んでいただきたいです。

「0円無料!システムトレードに『イザナミ』をオススメする理由7選」へ移動

システムトレードの用語説明

今回の記事の中で、重要な用語をまとめました。

バックテスト

バックテストとは
  • 投資資金を無限に持っていると仮定
  • 条件に合致したすべての銘柄を売買した成績を確認する機能
  • 全銘柄の検証結果で売買ルールの再現性や妥当性を確認する

統計学的には「サンプル数が多い=再現性が高い、妥当性が高い」と判断できる

最適分散投資

最適分散投資とは
  • 実際の資金設定の売買成績を確認する機能
  • 実トレードに近い結果を確認できる

コメント

タイトルとURLをコピーしました